長崎大学大学院教育学研究科(教職大学院)

組織概要&ビジョン

理念・目的

大学院における教育理念は、深い専門知識と技能を授けることにより、創造性豊かな研究能力と高度な教育実践力を備えた人材を育成することにあります。専門職学位課程(教職実践専攻)の教育研究上の目的は、教職に関する高度で専門的な知識と能力を習得し、学校教育において優れた実践能力と資質を備えた人材を養成することです。

構成と概要

 本研究科には,教職実践専攻の1専攻を置く。教職実践専攻は教職大学院として認められており,修了すれば,教職修士(専門職)の学位が与えられます。
 教職実践専攻には,子ども理解・特別支援教育実践コース,学級経営・授業実践開発コース,教科授業実践コース,管理職養成コースの4コースを置かれています。
専攻 コース 概要
教職実践専攻 子ども理解・特別支援教育実践コース 子どもたち一人ひとりの個性と教育的ニーズを的確に把握し,適切な指導と支援を行うことのできる高い専門知識と実践力を持つ教員を養成する。
学級経営・授業実践開発コース 活力ある学級を作り,効果的な授業を実践できるとともに,学級・学校の機能をより向上させるマネージメント能力と,適切な教育課程を編成する力,授業を改善する力等を備えた,高い実践力を持つ教員を養成する。
教科授業実践コース 教科内容に対する確かな理解と児童・生徒に対する深い理解に基づき,各教科を効果的に指導することができる高い授業実践力を持つ教員を養成する。
管理職養成コース 深い教育的見識のもと複雑化・多様化した教育課題を的確に捉え,すぐれたマネジメントのもと組織的な学校運営を行い,教職員の人材育成,保護者や地域等との連携に力を発揮し,時代を見据えた学校づくりをリードする管理職を養成する。
大学院組織図

大学院組織図

3つのポリシー

アドミッションポリシー

教育学研究科は入学者に以下の資質・素養を求めます。
  • 学部教育で培った能力を発揮させ,学校教育への課題意識を持ち,問題解決に立ち向かう意欲を持っている。
  • 子どもを理解する力,授業を実践する力をより高めていく意欲がある。
  • 児童生徒の発達・教育に関する基礎知識・授業実践の基盤となる教科の基本的知識を持ち,基礎的な倫理性と教師に必要なコミュニケーション能力がある。
  • 特に現職教員では,自己の能力向上を目指すとともに,地域の教育界の充実に貢献する意欲がある。
カリキュラムポリシー

  • 生徒指導・教育相談について:的確な子ども理解力を身につけ,生徒指導・教育相談を実施できる高度な力を育成します。
  • 学級・学校経営について:教育現場でリーダーシップを発揮し学校の諸機能を向上させ,学校や学級の経営に関するマネジメント能力について高い知識を修得させます。
  • 教科等の実践的指導法・ICTの活用について:教科の知識・技能を獲得しICT機器等も活用して授業改善のできる優れた授業実践力と教科指導力を身につけさせます。
  • 教育課程の編成と実施について:児童生徒の資質,能力, ニーズや現代的な教育課題を理解して教育課程を編成し実施できる高度な力を育成します。
  • 学校教育と教員のあり方について:地域社会との連携や協働に関する学びや教育実習を通して学校教育と教員のあり方について高い知識を修得させ,教育を担う専門職としての使命感と責任感を培います。
     学修の構成と課程は,2年の修業年限を標準とした2年プログラム,所定の要件を満たす現職教員を対象とした修業年限1年の1年プログラム,教員免許を有しない学部卒業生を対象とした修業年限が3年の 3年プログラムの3種類が設けられています。
ディプロマポリシー

所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を取得し,
  • 一人ひとりの児童生徒のニーズを理解し,的確に対応できる能力
  • 高い実践力を持ったスクールリーダーとなれる資質
  • 学級・学校の機能をより向上させるマネジメント能力
  • 優れた授業実践力と適切な教科指導力
を備えた者であると認められ,実践研究報告書(最終レポート)の審査および 最終試験に合格した者に対し,教職修士(専門職)を授与します。


PAGETOP