長崎大学大学院教育学研究科(教職大学院)

ニュース&トピックス

2019年度長崎大学大学院教育学研究科公開講座 教職大学院地域連携講座第2弾 「地域を支える教育の質の向上を目指して」 開催のご案内

長崎大学大学院教育学研究科では、下記のとおり2019年度長崎大学大学院教育学研究科公開講座を開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

 

【目的】
長崎県及び長崎大学大学院教育学研究科教職実践専攻が求める自身を磨き続ける教員の育成のために、長崎の教育の変遷や教育観を踏まえながら、これから求められる学校や教員のあるべき姿について、卓越した実績を持つ教育行政・教員経験者と大学教員の話題提供を元に、会場参加型の学び合いを展開することで、「これからの学校教育を考える」機会を提供し、長崎県の教育界に貢献する。

 

 

【開催日時・場所】
1日目:令和元年6月15日(土)14:00~17:00、長崎大学文教スカイホール
2日目:令和元年6月16日(日)10:00~14:00、長崎大学文教スカイホール
3日目:令和元年6月30日(日)10:00~15:30、五島高等学校メモリアルホール

 

※文教キャンパスキャンパスマップ
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/access/bunkyo/index.html

 

【募集者数・対象者】
100名(教職員、教育行政関係者、教育に関心のある方等)

 

【受講料】
2,000円(当日参加も可能ですが、初回にお支払いください。3日目は無料です)

 

【後援(申請予定)】
長崎県教育委員会、長崎県教育会、五島市教育委員会(6/30分のみ)、新上五島 町教育委員会(6/30分のみ)

 

【講師陣の講話内容】
○山崎滋夫先生:変化が激しい現代社会で、立ち止まって考えるべき教員の使命と役割について
○江頭明文先生:人生100年の時代にあって、生涯学習の中での学校の役割と、それを支えるための地域や社会教育のあり方について
○松元浩一先生:長崎大学の教員養成としての学部教育とリカレント教育・高度職業人養成機関としての教職大学院のあり方について
○長谷川哲朗先生:スクールリーダーを育てる視点から、教師力を磨く意義と方法について
○長谷川哲朗先生:離島における教育の意義と可能性・先見性と、教師力を磨く意義と方法について
○吉田ゆり先生:特別支援教育やインクルーシブ教育の課題について
○鈴木章能先生:教育現場が直面する英語教育の課題ついて、五島等での実践を通じて考える

 

 

 

【問合せ先】
長崎大学大学院教育学研究科教職実践専攻
長崎大学教育学研究科 篠﨑信彦(TEL:095-819-2293/E-mail:shinozaki★nagasaki-u.ac.jp))
長崎大学教育学部 藤本 登(TEL:095-819-2360/E-mail:n-fuji★nagasaki-u.ac.jp)
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい。

 

【お申し込み】※締切:令和元年6月3日(月)
■FAX:添付ファイルのチラシの「参加申し込み表」にご記入の上、
教育学部総務班(FAX:095-819-2265)までご送付願います。
■E-mail:以下の情報をご入力の上、
教育学部総務班( edu_syomu★ml.nagasaki-u.ac.jp )までご連絡願います。
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい。

 

①ご氏名
②ご所属
③連絡先
④参加日

 

【添付ファイル】
  :2019年度長崎大学教職大学院公開講座のご案内(.pdf)
  :
平成30年度長崎大学教職大学院公開講座の概要(.pdf)

«  | 一覧に戻る | 

PAGETOP